暮らしの知恵
 

enopo top moji

暮らしの知恵

本格コーヒードリップ一日教室 体験記 

2015年6月12日  (取材&記事:Myama)
5月30日(土)湘南アカデミア(藤沢駅南口 江ノ電ビル7F)で 「本格コーヒードリップ一日教室」が開かれました。講師は鵠沼の浅煎り珈琲豆専門店「イースト」のオーナー畠山さん。にこやかな笑顔に軽い冗談も含めながら コーヒーの香りを漂わせながら、美味しい入れ方について話して頂いたというより実際に何度も入れ方を見せ「ここがこうなるまでこう待って」などと解説しながら、参加者は講師の周りを囲んで手元を覗き込みながら質問したりという感じの2時間でした。参加者は各自が日頃使っている道具を持参し講師の言われる様な入れ方を試してみたり、講師の入れたコーヒー、参加者が入れたコーヒ-を試飲しながら 美味しいコーヒーの入れ方を何とか身につけたいと一生賢命講師の入れ方を覗き込んでいました。

coffee 2 600 

講師は鵠沼の浅煎り珈琲豆専門店「イースト」のオーナー 畠山さん。鵠沼にコーヒー豆販売店と喫茶室と都内に焙煎工場をお持ちなど広く 珈琲豆を手掛けています。 
コーヒーの美味しい淹れ方の基本は3っ。豆の挽き方、珈琲豆の蒸らし、お湯の注ぎ方 これを気を付けると誰でも美味しいコーヒーが入れられますとニコニコ話されていました。

 

● 準備

 

coffee 1 600 

コーヒー豆は酸味のあるもの、苦みのあるもの、香りの良いもの、コクのあるものなどいろいろありますがそれは好みです。袋には必ず生産国が書かれています。またモカブレンドなどの様にブレンドと書かれているのはモカが30%以上入っているという意味です。その辺を踏まえながら自分のお好みの味の珈琲豆を探してみてはいかがでしょうか。
●ドリップコーヒーに必要なものは 珈琲豆、コーヒーサーバー、
 ドリッパー、紙フィルター、お湯ポット、計量スプーンです。
●挽き方は浅煎り珈琲の場合は中か粗挽きがお勧め。機械で挽く場合は
 余り時間を長くしない、手廻しの場合は100回位廻すのが目安です。
●珈琲豆の保管は挽く前でも挽いた後でも常温または冷凍庫。使用する
 時は常温に戻してから入れる。
●お湯は 95度くらいの熱め。

coffee 3 600

ドリッパーには周りの溝の形、方向、及び穴の開き方には中央大丸、小丸、横並び3穴などいろいろあります。どれでも大きな違いはありませんが 後述するそれらの穴にめがけてお湯を注ぐ事が大切です。

● 蒸らし

 

coffee 5 600

珈琲豆のおいしさを引き出すのに大変重要です。お湯を置く感じでゆっくり少しずつ注ぎます。お湯が全体に浸る感じで注ぎ、コーヒーサーバーへ数滴垂れて来る位までお湯を注ぎます。紙フィルター全体が濡れて来るまで待ちます。1~1分半位蒸らし、そうすると珈琲豆が最初より1.5倍位に膨らんで来ます。豆の一部が沈み始めたらお湯の注ぎ時です。

これは珈琲豆の中のガスが放出されるためで、お湯が馴染み易くなり美味しさが引き出せます。

 

● お湯の注ぎ方

coffee 6 600

お湯をドリッパーの中心から注ぎ初めドリッパーの穴位置に向けて注ぐ。横並び穴はそれに習い、丸穴はその位置を狙い注ぐ。

coffee 7 600

お湯はポット口から直角になる様に注ぐ。お湯の流れはねじれないでスムースに落ちるのが良い。紙フィルターにはお湯を掛けない様にする。

coffee 8 600

お湯を注いでいると泡が出て来て中心集まってきます。
全体にお湯が廻る様に周辺にも円を描くように注ぐ。一人分よりは3~4人分の方が美味しく出るので多少たっぷり作る。お湯の量はコーヒーサーバーの目盛を目安にしても良い。

coffee 10 600

お湯が適量注がれたら お湯が全てサーバーに落ちるのを待つ。落ちた後の形が周りが断崖絶壁になり中央がへこんだ形になると美味しくコーヒーが入れられた目安になる。

 

● 珈琲豆の特徴 あれこれ

ブルーマウンテン    甘い香りとほど良い酸味と苦み
トラジャ        独特の香りとコクのある苦味
モカマタリ       芳酵な香りとモカならではの酸味
キリマンジャロ     すっきりとした酸味と軽い苦味
コロンビア       軽い苦味と口の中に広がる酸味
ブラジル        香りが良くほど良い苦味
マンデリン       コクのある苦味と軽い酸味
グアテマラ       ほど良い苦味とほのかな酸味
イタリアン       濃厚な苦味でミルクに良く合う

 

● 番外編 (家庭用コーヒーメーカーで一味美味しく入れるウラ技)

 coffee 11 600 日常で多く使われる家庭用コーヒーメーカーでも一味美味しく入れる方法があります。それは珈琲豆をコーヒーメーカーのフィルターに入れた後お湯を少し注ぎ 蒸らします。それから通常の電源をオンにして自動でコーヒーをドリップします。これは先述で”蒸らし”が重要と記したのに通じます。機種により蒸らし機能も付いたのもありますが蒸らしを加えると美味しく出来ます。

● 珈琲豆専門店「イースト」の紹介

神奈川県藤沢市本鵠沼3-12-29
Tel 0466-37-1151
営業時間(火・水・木・金) 11:00~18:00
土・日・祝祭日       10:00~19:00
定休日 毎週月曜日 (月曜日が祝日の場合は営業しております)
店舗駐車場(2台 建物の裏にございます)
URL: http://www.coffeebeans-east.jp/

 

 

● 湘南アカデミア(藤沢駅南口 江ノ電ビル7F)のご案内=> こちら

 
取材後記:筆者もコーヒーが好きなので美味しいコーヒーを入れる方法を知りたいと思っていました。講師の方はいろいろ要点をお話して頂き見たところ楽にコーヒーを入れている様に見えました。しかし家に帰って自分でやって見ると中々講師の様にいかず、蒸し方、注ぎ方など美味しいコーヒーの入れ方の為には 繰り返し試してみる努力が必要と感じました。                       記:Myama