江の島
 

enopo top moji

江の島

江の島の植物・ホウチャクソウ 

2018年4月12日 写真&文: 坪倉 兌雄
Hochakuso1l龍野ヶ岡自然の森入り口に生えるホウチャクソウ
ホウチャクソウ(学名Disporum sessile)はイヌサフラン科チゴユリ属の多年草で、北海道、本州、四国、九州に分布し、林の中などの山地に自生します。江の島では裏参道の山側や海側の林の中、龍野ヶ岡自然の森など、やや日陰になる場所で見ることができます。茎の高さは30~50センチで、上部で枝分かれします。葉は互生して長楕円形、長さ5~15㌢、幅1.3~4㌢で葉脈が目立ち、先端は尖ります。花期は4~5月、茎の先端の葉腋から短い花柄を出して、長い釣鐘状の花を垂れ下がるようにし1~3個咲かせます。花被片は内側と外側に3個ずつ、合わせて6枚あり、筒状に集まって平開せず長さは2,5~3㌢、白色で先端はやや緑色を帯びます。雄しべは6本で中心に雌しべがあり、花柱の先端は3裂して反り返ります。果実は液果で球形、緑色から黒色に熟します。
Hochakuso2花被片は6枚で白く先端がすこし緑色を帯びる
Hochakuso3花柱の先端は3裂して反り返り雄蕊の葯がとり囲む
Hochakuso4花は枝の先に垂れ下がる
Hochakuso5花が落下して子房と雌蕊が残る
Hochakuso6果実は黒色に熟す
ホウチャクソウは全草に臭気があり有毒成分を含み、食べると嘔吐や下痢などをひきおこします。ホウチャクソウと同じような場所に生えるナルコユリ(キジカクシ科アマドコロ属)には臭気はなく、若芽は山菜として食用にしますが、ホウチャクソウの若芽に似るので注意が必要です。花のつき方は両者で異なり、ホウチャクソウの花は分枝した枝先に1~3本下垂し、ナルコユリは1本の茎に多数の花を並べて下垂させます。和名の「宝鐸草」は、垂れ下がるようにして咲く花の様子が宝鐸(ホウチャク)に似ることによるとされています。宝鐸は仏堂や塔の四方に飾りとして吊るした大形の風鈴で、内部に舌があり振ると周囲の金属に舌が触れて音が出ます。