グルメ
 

enopo top moji

グルメ

第1回 鵠沼魚醤グランプリ2014

2014年10月11日  (取材&記事:hiramechann)
「鵠沼魚醤(くげぬまぎょしょう)」を使い、市内の飲食店が独自に考えたメニューの人気コンテスト「第1回鵠沼魚醤グランプリ」が、第41回藤沢市民まつりのイベントとして開かれました。鵠沼魚醤の素晴らしさを知ってもらい、ご家庭でもどんどん使っていただきたいと味に工夫を凝らした9店舗が参加して、大盛況でした。
1351 
「鵠沼魚醤(くげぬまぎょしょう)」
江の島片瀬漁港で水揚げされたイワシと天然塩だけで作った調味料。
  eribon
  歩けないほどの混雑の中、藤沢の歌姫・エリボンこと
工藤江里菜さんも、ライブの合間に応援
      ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「塩味プラスうまみがあり色々な料理に使えて、素材の良さを邪魔をしないので、料理の味を引き立たせる」と好評な鵠沼魚醤は、今回の出店者でもあるダイニングバー「湘江亭」を営んでいた高橋睦さん(現在、食品製造会社:NORMA)が自店の料理に使ってきた魚醤を、鵠沼地区地域経営会議や、市商工会議所などの協力を得ながら、2年ほど前に商品化したものです。えのぽ「グルメリレー」(2014/2/4掲載記事) 藤沢市HP(広報ふじさわ 2014/1/25号)に紹介記事があります。

表彰式      1位はヨンドンのミートソーススパゲッティ、2位はUNCLE KEN&『プチマルシェ YUU』コラボのピザ、
        3位はNPO法人地域魅力の藤沢炒麺  
0091 00151
piza 00131
出店者の皆さんも、初めてのイベントを楽しんだ様子が伝わってきましたが、惜しくも入賞を逃したお店は大変悔しそうで、リベンジを誓っていました。行列ができて前へ進めないほどの盛況でしたから、今回の目的「鵠沼魚醤の良さを多くの皆さんに知ってもらいたい」は達成したのではないでしょうか?“ご家庭でもどんどん使ってほしい!、これからも色々な場面で伝えてゆくつもりです!”という主催者の言葉にあるように、皆で盛り上げていきましょう。
その他の参加店舗は、タントタント、里のうどん、湘江亭、たこ焼き 風天、スチームキッチンやを屋、炭火焼かげんです。
0012 00270026
 0074100550058
「ご当地カクテルふじさわ〜って知ってる?!」800杯無料キャンペーン!もすごい人気でした。
00182
藤沢市はなんと、ワインの出荷が全国1位なんです!知らなかった方も沢山いると思いますが、このワインを使った藤沢市ならではのカクテルを作りたい!と藤沢をこよなく愛するモノたちが集結し、この「ご当地カクテルふじさわ〜」が誕生しました。ふじさわ〜の条件は3つです。
⚫︎藤沢市が全国1位を誇るワインを使用
⚫︎シュワシュワしている
⚫︎藤沢産のなにかが入ればより素敵 ♡
藤沢市南口を中心としたお店では現在、17店舗でふじさわ〜が楽しめます!
グランプリのテントの隣では、800杯が、2時間でなくなりました。
      --------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「市民まつりに参加して」 
祭りというと、誰もが心うきうき、踊ったり、歌ったり、食べたり、飲んだり。楽しみながら街の魅力が味わえて、皆がハッピーになるところがいいですね。鵠沼魚醤グランプリを企画した皆さんの言葉は、「食の強さを感じた。」「地元にある沢山のおいしいものを伝えたい、味わってほしい!」ということでした。今回のような手作りの企画が実現できて、賛同を得ることができるふじさわという街を大切に!(編集者)