生活・人
 

enopo top moji

生活・人

江の島弁財天道標を探して

2027年11月08日  ekijilife
江の島弁財天道標を探して、江の島道(旧藤沢宿~江の島)を歩く
 江の島弁財天道標は杉山検校(杉山和一1610~694)が寄進したと伝えられ、当時48基あったとされるが現在は市内所在の12基が市の重要文化財に指定されている。この道標は、尖頭角柱型で、多くは三面に「ゑのしま道」「一切衆正」「二世安楽」と彫られている。江の島道以外には白旗神社境内、法照寺(鵠沼神明)に確認されている。
A001
A002
小田急線藤沢本町駅から「白旗神社(道標①)」、藤沢宿、遊行寺橋(大鋸橋)を経由して、清浄光寺内「眞徳寺(道標②角柱の上半分)」「藤沢橋(道標③市役所新館脇から移設)」へ。
A003
A004
藤沢橋交差点から国道467号を南下(藤沢駅方面)、歩道上に案内標識があった。鼻黒稲荷大明神を過ぎ「遊行通りロータリー(道標④)」から商店街を進むと左側に庚申堂がある。
A005
B001
さらに通りをJRの線路に向かって進むと左奥に建築中の市役所が見える、東海道線地下道を抜け藤沢駅南口広場から小田急百貨店東側のファミリー通りを直進する。
B002
B003
しばらく進むと左側に「砥上公園(道標⑤」がある(左折は市民会館方面)。さらに直進し、江ノ電石上駅方面からの道を横切ると右側の大きなマンション際に「大源太公園(道標⑥)」ある。道は左カーブし国道467号と交差、上山本橋で境川を渡るとミネベアの工場がある、道は大きく右カーブして川沿いの道を進み、馬喰橋の標識を過ぎてさらに新屋敷橋際信号を直進する。
B004
B005
やがて岩屋不動入口の標識を過ぎると片瀬小学校が見えてくる、運動場脇の門と「泉蔵寺参道」の間に(道標⑦)がある。しばらく進み上諏訪神社を過ぎると密蔵寺前向いの狭い三叉路際に(道標⑧)がある。少し路地にそれるが「一遍上人地蔵堂跡」がある、路地を戻ると「片瀬市民センター」が見えてくる。
B006
C001
「片瀬市民センター」の向かいに「西行のもどり松(道標⑨)」があり、常立寺を過ぎると湘南モノレール「湘南江の島駅」手前に(道標⑩)がある。国道467号を(左側に龍口寺)渡り江ノ電「江ノ島駅」を過ぎ、洲鼻通り商店街を国道134号方面に向かう、商店街中ほど右側に(道標⑪)がある。
C002
C003
 地下道を抜け弁天橋を江島神社参道に進む。大鳥居を過ぎて参道の急階段を上ると、本殿真下の踊場に「福石と一緒に(道標⑫)」がある。上りきると江島神社、辺津宮、「奉安殿」があり、今回の「江の島弁財天道標」探しの終点である。
C004
予定した道標(①~⑫)を確認し、混み合う参道を、小田急線「片瀬江ノ島駅」へ急いだ。
 歩行距離約9㎞、歩数16000歩、昼食時間を含め
約180分の行程だった。
 帰路、江の島道ではないが鵠沼神明の「法照寺」に立ち寄り(道標⑬)を確認した(東海道線沿い鵠沼第二踏切近く)。