藤沢13地区探訪
 

enopo top moji

地区探訪 (その3) 湘南台地区
 2011年11月編集/2017年2月更新
地区探訪(その3)湘南台地区

ひとこと紹介:市北部の拠点地区。境川と引地川にはさまれている。南北に走る小田急江ノ島線と国道467号線が地区の背骨を構成し、湘南台文化センターと鉄道3線が乗り入れていて一日15万人の乗降客が利用する湘南台駅とが地区の中心です。

主な街並み:湘南台駅を取り巻くように商業地区が広がり、大きなループを形作る幹線道路の外側は新しい住宅街である。地区の人口は,28,331人(2010年12月)で,全市の7%、65歳以上の人口が占める割合は15.5%で,市内で最も高齢化率が低い地区です。

こんなポイント:地球儀として親しまれている湘南台文化センターは、湘南台のシンボル。桜と竹林の円行公園、東の今田には境川遊水地公園がある。湘南台2丁目付近は、「みちづくりモデル地区」となっていて、段差を強調してハンプとし、かつ、歩道と高さを合わせた横断歩道、キラキラ光る舗装材による交差点などが設置されている。

Shonandai_Map
「湘南台駅」

s_dai_01s_dai_02
地下コンコース。 3線乗り入れのターミナル駅。一日15万人の乗降客が利用する。

「湘南台公園」

湘南台文化センターの向かい側にある公園。地下には横浜市営地下鉄、相模鉄道つきみ野線が東の境川の鉄橋に向かって走る。

s_dai_03s_dai_04
s_dai_05s_dai_06

「総合市民図書館」

s_dai_08

文化センター・市民センター・「湘南台公民館」

湘南文化センターという大きな一つの施設の中に湘南台市民センター・湘南台公民館・市民シアター・こども館があります。

各ホームページのURL

市民センター   http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/sndai-c/l 

こども館         http://www.kodomokan.jp//

市民シアター   http://f-mirai.jp/arts/theater

 s_dai_09
地球儀の愛称で親しまれているプラネタリウム、奥には市民シアター。画面左手は市民センター・公民館、右手はこども館。

「みちづくりモデル地区」

湘南台一帯は、土地区画整理事業の結果、道路が直交する網目模様の街区となっているため、通過交通による危険が大きい。1997年から住民・行政・コンサルタントによる研究を開始し、「人にやさしいまちづくり事業」の一環として交通安全総点検が行われた。4年にわたり調査検討を重ねて2001年には、「スムース横断歩道」「路側のカラー舗装」「連続ハンプ(路面の緩やかな凹凸)」「交差点のキラキラ舗装」などの施工がなされた。 最近話題となっている自転車交通については、10年早く対策が取られていたことになる。

s_dai_11

キラキラ舗装。交差点の舗装がキラキラ光り視認性を高めてある。路側の着色舗装。

s_dai_13
境川の水は澄んでいて、堰にはたくさんのアユが。

miki/Arbol Viejo