mytown
 

enopo top moji

enopo top gazou1

enopo top gazou2

enopo top moji

enopo top gazou2

旧三觜八郎右衛門家住宅を訪ねて

2012年11月16日

                      晩秋の陶器展」と銘する陶器展が、旧三觜八郎右衛門家住宅で開かれています。
                            秋さなかの、旧三觜八郎右衛門家住宅を訪ねました。これをきっかけに、

                            藤沢で開塾されていた耕余塾と、それを支えた三觜八郎右衛門に付いて
                            その足跡を探ってみることにしました。

.旧三觜八郎右衛門家住宅
15tizu
                                  旧三觜八郎右衛門邸、耕余塾跡は共に、辻堂、明治市民センターから徒歩10分足らずの羽鳥に
                          あります。羽鳥の地名の由来には、いくつかの説があり、大昔に住んでいた「はた織」をする
                          一族ハトリベからきたもの、また鶴が飛来していたことから名づけられたものなどがあります。
                           この地は4割が水田だったそうですが、今は住宅街に変わり、その面影はありません。
旧三觜八郎右衛門邸の入口 2mituhasitei
                     旧三觜八郎右衛門邸の入口                        旧三觜八郎右衛門邸 全景
3iriguti 4annaibann
5cyasitu 6kakeziku
旧三觜八郎右衛門邸 茶室
                              旧三觜八郎右衛門邸は「明治初期の住宅が建設当初のかたちで保存されている」、という事
                              だけでも貴重ですが、専門家による調査の結果「材と造作の質が高い、2階座敷の早期の例である、
                              洋風や商家風を加味した外観を有する」など、現存する県内の古建築の中でも特筆

                              すべき建物であることがわかっているそうです
2.三觜八郎右衛門 と 耕余塾
                            羽鳥の北部には、東海道が東西に走っていて、その昔は大山行者の往来でにぎわっていました。
                            が、行者達は村の子供たちにお金をまき与えたりしたので、教育上好ましくない状況が起きてきました。
                            それを憂えた村名主の三觜八郎右衛門は、教育向上のため、明治5年に東京の学者 小笠原東陽を招き、
                            読書院を開きました。その後、耕余塾と名が改められましたが、耕余塾の評判は高く、
                            やがて神奈川の教育の中心ともなり、かつての総理大臣 吉田茂もこの塾で学びました。
                            耕余塾は、中学校が普及してきたことなどから明治30年に廃塾となりましたが、
                            その跡には小笠原東陽の碑が建てられています
7kouyojyuku 8hakakannbann
耕余塾跡 汲田墓地  墓の案内板
9touyou nohaka 10matuoka
小笠原東陽の墓 松岡利紀(東陽の娘婿)
                    耕余塾跡から、羽鳥小学校の前をすぎると、墓地があります。三觜家は、家祖が室町時代前期にまで遡る旧家です
                    見ると三觜家という名前がずらりと並んでいます。
                    その一角に小笠原東陽と耕余塾の学長を引き継いだ松岡利紀(東陽の娘婿)の墓がありました。



3.明治市民センター郷土資料室
                   続いて明治市民センター郷土資料室を訪ねました。 
                   明治地区の郷土の文化・歴史遺産を後世に残し、日本の教育・社会の発展の一助になるよう
                   「明治郷土資料室」が明治市民センターに開設されています。「小笠原東陽と耕余塾」常設展では、
                   読書院や耕余塾の復元模型や塾で使用された教材などが展示されています。

11yosidasigeru 12kaisetu
耕余塾で学んだ吉田茂元首相の写真とその業績が大きく記載されています
13kaisetu 14sennseigata
            読書院」は学制布告で「羽鳥学校」と改称されましたが、これと別に私塾としての「耕余塾」を残し、
            「相州一の高等学府」と云われる迄に発展し、吉田茂、村野常右衛門、鈴木三郎助など多くの人材を輩出しました。
             特に自由民権運動に活躍した人達が育った事が注目されます。


取材を終えて
秋らしい日差しの中、2日にわたって辻堂羽鳥を歩きました。特に旧三觜八郎右衛門家住宅を訪ねたその日、
邸内では3人の方が忙しそうに、落穂の片付けをしていらっしゃいました。
その中の一人がこの家の当主三觜八郎右衛門様でした。気さくに(ゆっくり見ていきなさい。写真は遠慮するよ)と
お話されました。入口に腰掛けながら、(16年前までは、御霊神社からここまで敷地は続いていた事。
相続のため手放した事)などお話してくださいました。偶然ですが、当主にお目にかかれて、この史実が
とても身近に感じられるようになりました。 

(取材&記事 happyrarasan)