HOME
 

enopo top moji


siminmaturi2017 5

寿司教室

2012年6月3日

寿司教室を開催しているのは白旗交差点近くのお寿司屋さん「さつまや」さん、湘南ふじさわ産利用推進店にも選ばれているお店です。“プロの寿司職人が教える寿司教室”というものを3年ほど前から開催し、生徒さんはすでに延べ1300人にもなるそうです。中にはフランス人などもいるとのこと、記者も以前に一度体験させていただきました。

satsumaya posutaa
さつまや外観 寿司教室ポスター

取材した日は上級クラスという常連さんの教室、すでに握りなどは何度か経験済みなので、魚をさばくところから始まりました。用意されたのは新鮮なカサゴとヤリイカです。

kasago yariika
カサゴ ヤリイカ

itasan shidou

 

特にカサゴは高級魚でお寿司屋さんでもあまり見かけない魚、形がやや複雑な上に棘があるので三枚に下ろすのもちょっと難しい魚ですが、さすがに上級クラス皆さん見事にさばいていました。ヤリイカも皮まできれいに剝ぎ、身・ミミ・ゲソに分けました。

板さん指導中です。

sanmai oroshi yariika sabaki
三枚おろし ヤリイカもさばきました

カサゴは湯引きした松皮造りとあぶりの2種類に軍艦巻も加え、ヤリイカはイカそうめん風に包丁を入れたものと、やはりあぶりの握り、げそは湯通しした握りと軍艦巻に大葉との巻物も作りました。

kasafonoyubiki reisuide hiyasu aburi
熱湯でカサゴの湯引き 冷水で冷やします こちらはバーナーを使って炙りで
上級クラスとあって実にスムースに進み、握りの手付きも鮮やかで、出来上がりも写真のように見事なものです。実はこの後、板長が握ったものを試食させていただきました。どれも美味しかったのですが、記者はカサゴの炙りが初めての味で、これがNo.1、イカも表面にちょっと細工をして炙ったものがNo.2だったと思います。
もちろん初めてお寿司を作る初級クラスもあり、記者も初級クラスで体験し、早速我が家で美味しい寿司を作りました。自分で寿司を握ると単に美味しいだけでなく、ちょっと大げさですが、日本文化の継承に役立ったように思いました。

seitosan tetuki生徒さんの手つき慣れています dekimashita出来上がりです 

さつまや
 住所:藤沢市藤沢1丁目3-6
 電話:0466-23-2487
 定休日:火曜日
 営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
 URL:http://www.satsumayahonten.com/
 
(取材&記事 (Junk)
 
new facebooknew twitternew instagram
supporter banner
enopokihu s
enopo banner
sfs banner