江の島
 

enopo top moji

江の島

江の島の植物・イヨカズラ 

2018年7月9日 写真&文: 坪倉 兌雄
iyokazura1 l参道わきに直立してのびたイヨカズラ
イヨカズラ(学名Cynanchum japonicum)はキョウチクトウ科カモメヅル属の多年草で、本州、四国、九州、小笠原諸島に分布し、海岸に近い草地に生えます。江の島ではサムエル・コッキング苑から岩屋洞窟に向かう、山側の草むらの中で見ることができます。草丈は30~60㌢で茎は直立しますが、上部は長くのびてつる状になることもあります。葉柄は短く、葉は対生して全縁、葉質はやや厚くて表面には光沢があり、裏面の葉脈が目立ちます。葉の長さは5~11㌢、幅は3~6㌢の楕円形で、葉先は短くとがり、葉脈上に短毛があります。花期は5~7月、上部の葉のわきに散形花序をだして、およそ8㍉の小さな花を多数開きます。花冠は淡黄白色で、5深裂してほぼ平らに開きますが、裂片はやや反り返ります。中央にはずい柱があり、周りを5裂した副花冠が囲みます。萼は5深裂します。
iyokazura2蕾(2017/07/17)
iyokazura3開花(2017/07/26)
iyokazura4葉は対生につく
iyokazura5ずい柱を5個の副花冠が囲む
iyokazura6葉の裏の葉脈が目立つ
花の後にできる実は袋果で、およそ5~7㌢の広披針形、秋には割れて冠毛をつけた種子が飛び出ます。冠毛とは萼の変形したもので子房の頂端にあり、毛状になって風による種子の散布に役立ちます。和名の「伊予蔓」は、伊予(愛媛県)で発見されたことに由来し、別名をスズメノオゴケ(雀の麻小笥)で呼ばれています。麻小笥とは麻を入れておく器のことで、袋果がこの器の形に似ることから、牧野富太郎博士(1862~1957)が命名したとされています。カモメヅル属の仲間には、イヨカズラの他にイケマ、クサタチバナ、フナバラソウなどがあり、ガガイモ(ガガイモ属)と同じで、熟して乾燥した袋果は放射状に開き、冠毛をつけた種子は風にのって散布されます。

check 2018年7月9日