江の島
 

enopo top moji

江の島

江の島の植物・マツヨイグサ

2021年6月25日 写真&文: 坪倉 兌雄
mamakonoshirinugui1海辺に咲くマツヨイグサの花(しぼむと黄赤色になる)
マツヨイグサ(待宵草)Oenothera strictaはアカバナ科マツヨイグサ属の越年草で、原産は南米のチリとされ、幕末のころ渡来して観賞用に栽培されたものが野生化し、現在では海岸や河原などに生育しています。江の島では海辺や路傍などで見ることができます。茎は直立して、高さは30~90㌢でやや赤みを帯び、全体に毛があります。茎葉は互生して長さは5~10㌢に、葉柄はなく、狭楕円状披針形、中央脈は白色で、縁には波状の鋸歯があり、葉の先端は鋭く尖ります。根生葉は花期にも見られます。5~8月、葉腋に黄色い花を1個つけ、夕方開き翌朝にしぼむ1日花です。花の径は約5㌢、花弁は広倒卵形で先が凹み、長さは1.5~2.0㌢に、しぼむと花は黄赤色になります。
mamakonoshirinugui2花は夕方に開き翌朝にしぼむ
mamakonoshirinugui3雌しべの先端は4裂して十字形になる
mamakonoshirinugui4花弁は4枚で先が凹む
mamakonoshirinugui5葉の中央脈が白い
mamakonoshirinugui6花托筒の長さは2~4㌢
雄しべは8本あり葯はT字形に、雌しべは1本で、花冠の中心から伸びて先端は4裂し十字の形になります。萼片は4個でそり反り、花托筒の長さは2~4㌢で、下部に子房があります。花は日がくれて暗くなると開花し、翌朝、花の多くは日が昇る頃にしぼんで全体が黄赤色に変わります。さく果は円柱形で長さは3~4㌢に、熟すと4裂して種子を放ちます。和名の由来は、夕方になると花を開くことから宵を待つ草で、待宵草(マツヨイグサ)になったとされています。同じような花を開くアカバナ科の植物に、コマツヨイグサ、メマツヨイグサ、オオマツヨイグサなどがあり、江の島の海辺などでも見ることができます。詩人の竹久夢二(1884~1934)による詩歌に、[宵待草(よいまちぐさ)]がありますが、この詩歌に作曲家の多忠亮(おおのただすけ)が曲をつけたところ、この歌は爆発的に流行したとされています。 
check 2021年6月25日