催し物
 

enopo top moji

催し物

みんないきいき 第6回地域活動見本市

2017年 9月16日 hiramechann
「人生100歳時代」と言われていますが、誰もが、いつまでも住み慣れた街でいきいきと暮らし続けたいと思っているはずです。そんなシニアの方に、「あなたの力を地域で活かせる場が沢山あります!一緒に活動しませんか?」と呼びかけるイベントが、9月9日(土)に藤沢市民会館で行われました。
 展示会場には、異なる分野で活動する21の団体がブースを出し、日ごろの活動を展示物や動画などで紹介して、「会員になりませんか?」、「私たちは楽しく活動しています!」、「こんな活動ご存知ですか?」と呼びかけていました。動画はこちらからご覧いただけます。
1010
出展団体の皆さんは、何とかして興味を持ってほしいと展示に工夫を凝らし、笑顔の対応です。そして説明に熱心なあまり、みんなの声が大きくて、アンケートに「うるさくて説明が聞き取れなかった!」とあるくらい。来た方も座って身を乗り出し、じっくり話を聞いていました。
1020笑顔でゆっくり説明
1030身を乗り出して聞く来場者
21団体の紹介は、当日配布された資料(出展団体一覧)でご覧ください。
1040出展者は、ブースをはみ出して来場者に声を掛けます。
右奥のスクリーンには、2階・体験会場の様子(下の写真)を映していました。
2010ターゲットバードゴルフ
2020スポーツ吹矢
来場者アンケートに記入して提出すると、くじ引きでお花のポットが当たるので、人気です。アンケートには、「たくさんの活動があることを知った。」「みんな元気に活動しているのは、とてもいいこと」「こんな素敵なイベントなのだから、もっと多くの人に知らせてほしい。」とありました。
今年4月に藤沢市の組織変更でスタートした、「地域包括ケアシステム推進室」の出張相談コーナーでは、来場者が早速相談をしていました。通常は、市役所新館の1階に窓口があります。
3010 くじ引きの商品:お花のポット
3020地域包括ケアシステム推進室 相談コーナー
第6回と会を重ねて、少しずつ来場者が増えているということですが、今はまだイベントのあること知らない方々に、会の様子をお知らせし、シニアライフのヒントを見つけに来ていただきたいという主催者の話でした。
markenopo 2018年6月10日