催し物
 

enopo top moji

催し物

子ども建物体験会「歴史のある和室でおもてなし」

2019年  6月26日  (hiramechan)
藤沢市内に点在する歴史的建造物を会場に、建物やまちなみに親しんでもらえる小学生向けのイベント「子ども建物体験会(全7回)」の1回目、「歴史のある和室でおもてなし―生け花とお茶で楽しもう―」が、6月22日、藤沢市打戻にある国登録有形文化財「盛岩寺 昭和文化館」で行われた。主催は、湘南藤沢文化ネットワークと藤沢市。
14895「盛岩寺 昭和文化館」大正13年建築、昭和13年・平成24年移築 

和室って何だろう
先生(小沢朝江教授 東海大学工学部建築学科)が研究室の学生さんと一緒に、カードを使って和室の名称と役割をテンポよく説明。ふすまや床の間など、興味を持って聞いていました。
次に今日のテーマ「おもてなし(お花と掛け軸を飾るけ軸をか)」は、誰に対して何のためにするかを考えてみよう!という先生の問いかけに、子どもたちの答えは、「お父さんとお母さん」、「一緒に来た友達」などでした。
14889

お花を活けよう
「お花を活ける時、1つだけ守ってほしいことがあります。それは、水の中で、茎を斜めにして切ることです。」という戸井田先生(湘南藤沢文化ネットワーク)の説明で始まりました。花瓶は皆同じですが、花は好きなものを好きなだけ取っていいので、それぞれに個性が出て、華やかでした。
14899

お花と絵で床の間を飾っておもてなし、和室の使い方、みんなでお茶を楽しもう!
自分の活けた花に合う掛け軸を選んで飾り、発表をします。「一緒に来た友達をもてなしたいと思って飾った」に対して、友達の感想は、「うれしい。大人っぽい感じ」と喜んでいます。
『畳のへり(ふち)を踏んではいけません。』『床の間の前は身分の高い人の席です。身分に従って順に座ります。』など和室の使い方使い方を聞いた後、季節の花『あじさい』の和菓子をいただき、初歩のお茶の作法を教わりました。
14900

おわりに
14933
アンケートに、今日学んだ感想を書きます。小学3年、4年ですが、しっかりと記入されていて、びっくりしました。
内容を拝見すると好評の記載が多く、「お菓子がおいしかった。」という子どもらしいものも。中に、「お花を自分で生けたのが楽しかった。」とあります。お花の先生の話では、「生け花ということであれば、いろいろルールがあるのですが、子どもの場合、自由に選んで、自由に活けるのが一番よいです。」ということでした。満足感が得られて、日々の生活に役立つかもしれません。
記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2019年6月26日