湘南しらすを楽しむ

2023年4月4日  (Yano)
湘南しらすは、カタクチイワシ、マイワシ、ウルメイワシの生後20-50日の稚魚で、ほとんどが資源量も多いカタクチイワシ稚魚とのことです。(神奈川県しらす船曳網漁業連絡協議会HP)
1月から禁漁となっていた“しらす漁”が3月11日に解禁となりました。
初物の湘南しらすと春の素材を使った、簡単で美味い酒の友を紹介します。
shirasu1
 

しらすで楽しむ 美味い酒の友 あれこれ
 
 
shirasu3
しらす 素材で楽しむ
鮮度の良い生しらすは、何と言っても、そのまま、又は若干のおろし生姜を添えて、お好みで味ぽんなどといただく。ほろ苦さと爽やかな海の香りが楽しめます。
 
shirasu3

生しらすと新玉ねぎのサラダ
応用編として春の甘い新玉ねぎのスライスに、お好みで茗荷、大葉などとたっぷりの新鮮な生しらすを和えます。サッパリ系のドレッシングが良く合います。ビール、白ワイン、日本酒となんにでも。
 
shirasu3

しらすのカナッペ
洋風つまみもとても美味しく簡単です。フランスパンのスライスにガーリックバターを塗りトーストする。
生しらす、釜揚げしらすを盛り付け、オリーブ油とレモンをしぼる。お好みで甘いトマトやオレンジを添えて。チーズトーストに換えても美味いです。

shirasu3

湘南しらすと春キャベツのペペロンチーノ
パスタ指定の茹で時間の最後1分で春キャベツを一緒に茹でお湯をきる。ペペロンチーノの要領でたっぷりのオリーブ油に刻みニンニク、好みで鷹の爪を炒め、香りが出たところに生しらす又は釜揚げしらすを加えサッと混ぜパスタと和える。春キャベツに換えて菜の花もいいです。

記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2023年4月3日