趣  味
 

enopo top moji

趣 味・歴史

春は艶やかに咲き競う牡丹

2018年04月23日  (S.Takahashi)
鶴岡八幡宮の「神苑ぼたん庭園」は、八幡宮の創建800年を記念して創設されました、源氏池に面した廻遊式の日本庭園を設え ました。4月初めには桜の花びらが彩を添えて、牡丹の和傘の上に舞い落ちていたでしょう。移り変わって現在の主役は牡丹です。
園内には100種1,000株の牡丹が植え込まれています。入口を入ると聖代、島錦が目に飛び込んできます。散策道の両脇に香りが漂うています。出口に近い処で見られる「湖石の庭」から紹介します。
botan2018041少し盛り土した位置に八千代椿、向陽、聖代などで変化を与えて います。背景の生け垣が花色にマッチしています
botan2018042最も色の濃い「出雲の美人」です。中間南側で観ることが できます。
ネーミングが抜群だと思いませんか?
botan2018043島の輝、散策路の中程、南側に位置しています
botan2018044八千代椿、散策路の後半になります。南側に面しています。
botan2018045連鶴、散策路の北側の後半になります。白い牡丹では大半が この種類です。
ここで紹介した他に、正月に咲く「冬牡丹」があります。つまり、1年に2回咲く訳です。いずれも牡丹は開花期が短いので早く訪ねることが肝要です。
check 2018年5月8日