趣  味
 

enopo top moji

趣 味・歴史

初春の境川を橋から橋へ散策(2)鷹匠橋→大清水橋→立石橋

2020年3月27日  (itazu)
境川には、多くの橋があります。遊行寺近くの御殿橋から横浜薬科大学近くの俣野橋まで、橋を辿りながら境川を上ります。
(①前回)「御殿橋に集まる鳥たち」(https://www.enopo.jp/2017-08-26-14-18-45/mobile-hobiees/27091-2020-03-07-02-28-32.html)を紹介しました。今回と次回はひとつ上流側の
(②今回)鷹匠橋→大清水橋→立石橋
(③次回)→東西橋→金沢橋→俣野橋
までを一緒に歩きましょう。 
2藤沢橋から上流の俣野橋までの橋
 
 3
4
5
6
御殿橋から川沿いに市民病院を左手に進み、湘南バイパスのトンネルを潜ると美しい橋(鷹匠橋)があります。この鷹匠橋の名前も、御殿橋と同じく、将軍の鷹狩りのための鷹匠がこの付近に住んでいたことに因んでつけられたといわれています。大清水の教育ゾーン(清流高校、大清水中、小学校、教育センタ)の入口の橋でもあり、橋には美しい菫のガラス絵やレリーフがはめ込まれています
7
上流側から鷹匠橋を見る
8
大清水アジサイロード
鷹匠橋から次の大清水橋までは、大清水アジサイロードとして知られています。藤沢市の十景にも選ばれています。アジサイのころには、右上写真のような美しい景色になります。
9
アジサイロードが途切れると大清水橋です。清流高校、大清水小学校の出入口でもあります。上流側に、水位の観測所があり、カメラで常時観察できます。http://www.pref.kanagawa.jp/sys/suibou/web_general/suibou_joho/html/camera/past0/p20102_0_40.html
10
11
次の立石橋までには、横須賀水道橋が見えます。右岸には大清水浄化センタと横浜市の西部水再生センタがあります。
12
横須賀水道橋
13
大清水浄化センタの排水ゲート
鴨たちが流れてきた廃材の上で休んでいます。左岸は、土手には土筆や水仙がいっぱいで、畑には、いちごハウスやトマトハウス、花の栽培ハウスが並んでいます。
14土手には土筆や水仙がいっぱい                   廃材の上で休む鴨たち

27
17
立石橋は、国道1号線へ至る車道にかかる橋で往来が激しい場所です。ここから、次の東西橋までは、昔懐かしい田園風景が続きます。横浜薬科大学の角塔校舎を遠方に臨み、川は美しくカーブしています。
18
立石橋
19
20
21
遠方に横浜薬科大学の角塔校舎を臨む
途中、大きく弧を描く水道橋が頭上を横切っています。この水道橋には、繁殖期にチョウゲンボウが巣を作るため、その時期になると大勢のカメラマンが押し寄せます。
22
チョウゲンボウ
23
チョウゲンボウが巣を作る
東西橋に至る手前に「お玉池」という小さな池があり、そこにカワセミが現れるためカメラ愛好家のたまり場となっています。
24
お玉池
25
カワセミ
次回は、③東西橋→金沢橋→俣野橋を歩きます。
 
 
記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2020年03月25日