大磯を散策

2022年11月23日  (eguchi)
大磯宿は 、江戸から8番目の宿場で、7番目の平塚宿から2.9㎞隔てたところです。明治18年以降は伊藤博文、大隈重信をはじめ政財界人が別荘を構えるようになりました。明治記念大磯邸園は明治150年関連施設として整備が進められています。
ooiso.2大磯の旧東海道松並木、左側に江戸見附掲示板 。 大磯駅より800m徒歩10分。

ooiso.3鴫立庵(しぎたつあん)大磯町大磯1289。大磯駅より450m徒歩6分。
西行法師ゆかりの地で、日本を代表する俳諧道場。近くに湘南発祥の地の碑。

ooiso.3和菓子屋 「新杵」「しんきね」 大磯町大磯1107。大磯駅より500m徒歩6分 明治24年創業、島崎藤村や吉田茂にも愛された和菓子屋です。「西行饅頭」有名。

ooiso.5旧島崎藤村邸、大磯町東小磯88-9。大磯駅より600m徒歩5分。明治5年木曽の馬籠村に生まれる。昭和17年静子夫人と大磯に移り住んだ。昭和18年71歳で永眠。
 ooiso.6明治記念大磯邸園。大磯町東小磯295。大磯駅より900m徒歩12分 明治150年関連施設として整備が進められてます。 旧大隈重信別邸・旧陸奥宗光別邸・旧伊藤博文邸など
 ooiso.6旧吉田茂邸、大磯町西小磯418。大磯駅より2Km徒歩30分 ​
戦後内閣総理大臣を務め晩年を過ごした。(1878−1967)

ooiso.8吉田茂像、日米講和条約締結の地、サンフランシスコの方角に 顔を向けているといわれています。 
  
記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2022年11月23日