江の島に咲く花
 

enopo top moji

江の島に咲く花≪ハマエノコロ≫ハマエノコロ 
 
ハマエノコロは日本全土に分布するイネ科の1年草で、海岸や海辺の近くに生え、江の島では日当たりのよい岩場や、かながわ女性センター裏側の石垣付近、路傍などでよく見かけます。

江の島に咲く花≪ハマスゲ≫ 
海辺に生えるハマスゲの花 ハマスゲは本州、四国、九州、沖縄に分布し、江の島ではオリンピック記念公園や海辺の砂地にその群落が見られます。


江の島に咲く花≪ハマカンゾウ≫
浜萱草(ハマカンゾウ) ハマカンゾウは関東以西の本州、四国、九州の海岸に分布し、暖かくて日当たりがよい場所に生育する常緑性の多年草です。

江の島に咲く花≪ノシラン(熨斗蘭)

江の島神社境内に咲くノシラン ノシラン(熨斗蘭)は関東以西の本州、四国、九州、琉球諸島の海岸近くの林のなかに生える常緑の多年草で、江の島では海辺の林内や神社の境内、参道傍などに生育しています。
葉は光沢のある深緑色、夏に白い清楚な花を開き、種子は青から美しいコバルト色に熟します。

江の島に咲く花≪ハマユウ(浜木綿)≫

ハマユウ ハマユウ(浜木綿)は関東以西の本州~四国、九州、沖縄に分布し、海辺の砂地に生える常緑多年草です。江の島ではセンタープロムナードやガーデンパーラーの海側などで、植栽されたハマユウを見ることができます。

江の島に咲く花≪タイトゴメ≫
タイトゴメ タイトゴメは関東地方以西の本州~四国、九州、南西諸島に分布する小形の常緑多年草で、主に日当たりの良い岩場や崖などによく分岐して生育し、江の島では海側の岩場や崖などでその群生が見られ、

江の島に咲く花≪ハマボッス≫

ハマボッスハマボッスは海辺に生育する2年草で日本全土、朝鮮半島、中国、太平洋諸島に広く分布しています。

江の島に咲く花≪ハマウド≫
ハマウド ハマウドは海岸に生える多年草で、関東以西の本州から四国、九州、沖縄に分布し、大形であることから別名をオニウド(鬼独活)とも呼ばれ、江の島では天台山から稚児ヶ淵に向かう西側の海辺に生育しいています。

江の島に咲く花≪ヒゲスゲ≫
ヒゲスゲ ヒゲスゲは本州の北陸、関東以西~沖縄に分布する常緑の多年草で、江の島では海辺の岩場や林中、かながわ女性センター裏側の石垣付近などに生育し、特に西浦漁港から稚児ヶ淵にかけての岩場では大株が見られ、冬場でもかたくて艶のある美しい葉を密生しています。

江の島に咲く花≪ニホンズイセン≫

ニホンズイセンニホンズイセンは多年生の球根植物で、フサザキスイセンの変種とされ、江の島では12~4月に美しい花を開きます。