江の島の植物 (2)
 

enopo top moji

江の島の植物・カクレミノ
kakuremino1カクレミノ(隠蓑)は本州(千葉県南部以西、伊豆諸島)、四国、九州、沖縄に分布し、樹高は5~10㍍になります。

江の島の植物・ピラカンサ
pirakansa1ピラカンサはバラ科のトキワサンザシ属の総称で、わが国ではトキワサンザシ、ヒマラヤトキワサンザシ、タチバナモドキの3種がよく栽培されています。

mochinoki 1モチノキ(黐の木)は宮城・山形県以西~沖縄に分布し、暖地の海岸に近い山地に生える常緑の高木で、

江の島の植物・カラスウリ
karasu uri1カラスウリ(烏瓜)はつる性の多年草で、雌雄異株。本州~九州に分布し、江の島では参道わき...

江の島の植物・ガガイモ
Gagaimo 1ガガイモはつる性の多年草で、北海道、本州、四国、九州に分布し、江の島ではガガイモはつる性の多年草で、北海道、本州、四国、九州に

Onidokoro 1オニドコロ(別名トコロ)は日本全土に分布し、山野に生えるつる性の多年草で、雌雄異株。江の島の路傍や藪の中などで普通に見ることができます。

江の島の植物・常緑低木 ソテツ 
sotetu 1テツ(蘇鉄)は裸子植物の常緑低木で雌雄異株。九州南部や沖縄の暖地の海辺や崖などに自生し・・・

江の島アオノリュウゼツラン 
ryuuzeturan 1青の竜舌蘭はメキシコなどの熱帯アメリカに自生する大形の常緑多年草で、サムエル・コッキング苑で見ることができます。

江の島・ツカミヒイラギ 
tukamihiiragi 1sイギリスの貿易商サムエル・コッキングが収集したとされ、江の島サムエル・コッキング苑で見ることができます。

江の島・染井吉野

someiyosino 1染井吉野はオオシマザクラとエドヒガンの交配種とされ、北海道南部から九州まで広く栽培されています。