HOME
 

enopo top moji

イイトコ撮り一覧を見る ▷ l
↑湘南近辺で撮った旬の景色、一寸きれい、珍しい光景などを紹介しています。
 
640shinnen banar2018 2


コラム 新着情報一覧を見る ▷ コラム link

江の島の植物・落葉高木≪カキノキ(柿木)≫

2016年10月12日  (写真&文:坪倉 兌雄)
 kaki 1江島神社・奥津宮境内のカキノキ(6月上旬)Diospyros kaki カキノキ科カキノキ属
本州、四国、九州の山地に自生するヤマガキ(var. sylvestris)は、樹高が5~15㍍に、樹皮は灰褐色で縦に裂けます。葉は互生して長さ7~15㌢の広楕円形、ふちは全縁で先端は尖り、表面の主脈に毛があり、裏面には褐色の毛が密生します。6月頃、黄緑色の花をつけ、花冠は壺形で4裂、子房に毛があります。果実は液果で小さく、10月頃に熟します。カキの実は秋の風物詩ともいわれ、美しい景観をつくります。江の島では品種の確認はしていませんが、サムエル・コッキング苑、江の島大師境内、奥津宮の境内などでカキノキを見ることができます。柿にはポリフェノール系の一種で渋味の成分であるタンニン(水溶性)を含み、唾液に溶けると渋味を感じます。干し柿にすると、澁柿のタンニンは不溶性になり渋味を感じなくなります。甘柿のタンニンは熟すと自然に不溶性に変わります。完全甘柿の代表的な品種に、ジロウ(次郎)やフユウ(富有)がよく知られています。両者の違いは、ジロウは四角でやや平べったく、起伏があり側面に浅い線状の窪みが見られます。果肉には果汁が少なく硬めです。フユウはやや丸く表面に光沢があり、果肉に果汁が多くて軟らかいです。
 
 kaki 2カキの花の構造   kaki 3未熟果実の断面(8月10日)

 

kaki 4花は黄緑色で花弁は4枚に  kaki 5     ジロウ(8月10日) kaki 6フユウ(8月15日)

カキノキの花は6月頃に黄緑色の花を開きます。花の構造は短い花柄に支えられた萼片の上部に黄色の花冠があり、基部は融合して壺状になり、先端が4枚の花弁に分かれています(写真参照)。萼の上部に雌しべの子房(生殖部)があり、花柱の先端には分化した柱頭が見られます。子房は無毛で、その回りには雄しべの花糸が数本と、先端には花粉をつくる葯がつきます。花は役割を終えると、花弁や雄しべは脱落しますが、萼片はそのまま雌しべと共に残ります。このようにカキの子房は萼片や花弁の上に位置し(子房上位)、そのまま成長して果実になるため、これを真果といい、一方、リンゴやビワなどのように子房が花弁や萼片の下にあり(子房下位)、おもに花床筒が肥大して果実になるものを偽果といいます。カキの語源には、あかき(赤木)の上略とする説などがあります。

 

ふじさわ情報    一覧を見る ▷ link
原城の聖マリア観音
0516maria1藤沢市在住で彫刻家の親松英治氏が、約40年間にわたり一人で製作を続けてこられた高さ約10メートルの木彫像が、いよいよ完成
詳細はこちら



「ふじさわベジプラス店」新しいお店が2軒、追加になりました。
1120marushe2「ふじさわベジプラス店」では、野菜をたっぷり使ったおいしいメニューがあります。ぜひ、ご利用ください!
詳細はこちら



イベントバナー