enopo top moji

現代版画の可能性

イベント

いつ:
2018年12月09日 - 2019年02月03日
どこで:
茅ヶ崎市美術館 - 茅ヶ崎市東海岸北, 神奈川県
カテゴリ:
展覧会/ギャラリー

説明

概要
開館20周年記念-版の美Ⅲ- 現代版画の可能性
一人一人の作家が試みた版画の可能性 
開館20周年を迎えた茅ヶ崎市美術館では、本年度は「版の美-板にのせられたメッセージ」と題し、木版画の魅力をシリーズでお伝えしています。
絵師、彫師、摺師などの分担作業によって制作されていた江戸・明治期の浮世絵版画。その後、欧米からの刺激を受けつつ「自画、自刻、自摺」を合言葉に作家自身が制作の全作業を行う個の表現性を重視し、明治末期から大正期にかけ版画の芸術作品としての位置を確固たるものとした「創作版画」。そして、更なる版画の可能性を追求しつづける現代の表現者たち。シリーズ第3弾となる本展は、茅ヶ崎市美術館が所蔵する版画作品のうち戦後から現代に至るまで制作された木版画を中心に約200点を紹介します。童画家であった武井武雄が主宰し約20年間に総勢161名が版画による年賀状交換で版の技を深めた「榛(はん)の会」や、日本版画会の創立に貢献し版画による色面表現を探求しつづけた馬渕聖(まぶちとおる)、木口木版画家であり文筆など多方面で才能を発揮する柄澤齊(からさわひとし)を取り上げ、それぞれの作家が魅せる木版画の可能性を探ります。

ポスター
パンフレット
181205tigasaki     181205tigasaki1

画像内容
2018年12月9日(日) ~2019年2月3日(日) 
 
休館日 月曜日(ただし、12月10日、12月24日、1月14日は開館)、12月27日(木)~2019年1月3日(木)、1月15日(火)
 
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 
 
観覧料 一般:200円(150円) 大学生:100円(70円)
※高校生以下、市内在住65歳以上の方・市内在住の障害者およびその介護者は無料
※(  )内は20名以上の団体料金 
 
会場 茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3 
 
主催 公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団 
協力 東京パブリッシングハウス 、イルフ童画館 、養清堂画廊  

     

URL http://www.chigasaki-museum.jp/exhi/20181209-20190203/

備考
茅ヶ崎市美術館
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
TEL 0467-88-1177
FAX 0467-88-1201

    内容は変更される可能性がありますので詳細は主催者にお問合せください。


会場

場所:
茅ヶ崎市美術館 - ウェブサイト
番地:
1-4-45
郵便番号:
〒253-0053
市町村:
茅ヶ崎市東海岸北
都道府県:
神奈川県
国:
Japan