昭和の藤沢
 

enopo top moji

daily_title.gif
第1部 藤沢駅周辺(1/7)
4 「江ノ電」藤沢駅編

藤沢駅構内 写真12(昭和38年3月)
藤沢駅構内

画面左側に見えるように、ホームが二つあり、その先に三角形をした屋根の駅舎がある。
構内は一部砂利や枕木、電柱など保線用資材の集積場になっていた。


『駅全景』 写真13(昭和45年3月)
藤沢駅全景 昭和45年3月

この頃には藤沢駅南口広場になる場所の東側に、現在の「名店ビル」(左側)と
「ダイヤモンド・ビル」(右側)が建てられていた。
「名店ビル」の前の三角屋根が駅舎、それに続いてホームの屋根とホームが見える。
右側のホームの屋根の右に見える角張った建物は、「江ノ電」乗合バスの藤沢営業所で、
その右側のバス置場に数台のバスが見える。
営業所前から「ダイヤモンド・ビル」の前を通る道路は日ノ出町、川名へ通じる道路で、
電車の線路の手前の道路は「橘通り」である。


『上から見た駅舎』 写真14(昭和54年4月)
上から見た藤沢駅舎 昭和54年

駅舎は不整形の六角形をしていて、上から見るとちょっと変わった形をしていた。
この頃には南北を結ぶ地下道が出来上がっていた。画面手前に地下道の一部が見える。
階段は地下道へのもので、この辺が昔の狭い駅前広場であった。
右上への階段は国鉄藤沢駅への連絡階段である。


残された駅舎写真15(昭和54年4月)
残された藤沢駅舎 昭和54年
この頃には既に「江ノ電」の藤沢駅のホームや線路は取り払われ、
南口の広場の地表面部分はほとんど出来上がっていたが、駅舎だけはしばらくそのまま
に残されていた。
画面手前は新広場のタクシー乗場、背後のビル群は右から「名店ビル」、
次は北口の「駿河銀行」の入っているビル(稲毛家跡)、
左は「丸井」の入っているビル(角若松跡)である。
daily_line.gif