趣  味
 

enopo top moji

趣 味
坂田恭平個展 刷影と陰刷kujira201708 01長後の湘南くじら館で、坂田恭平個展「刷影と陰刷(さつえいといんさつ)」が開催されています。

続・湘南のお地蔵さま 19180706hirokojizou小田原駅東口から二十分程、御幸(みゆき)の浜近くの徳常院にはもう一体悲劇の皇族を供養するお地蔵さまが安置される。寛子(ひろこ)地蔵という。

鳥瞰図の系譜ukiyoe201806 01藤澤浮世絵館の新しい展示「空から見る相模と日本 鳥瞰図の系譜」が始まりました。

「生き地蔵」 180601 2大和市の「生き地蔵」初めてその名を耳にした時はさすがに驚いたが、お会いするととてもやさしいお顔の石のお地蔵さまで正直ほっとした。

ブルーノ・ムナーリ展4没後20年を迎える「ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ」展が、4月7日~6月10日まで神奈川県立近代美術館 葉山で開催されている。

当麻無量光寺を訪ねるshumi 640 intro時宗の遊行寺は、第4代呑海上人が1325年、藤沢に清浄光院として開山したと言われる。

鎚起(ついき)銅器を楽しむ010鎚起とは、金属板に焼きなましを繰り返しながら金鎚(かなづち)や木槌で形を整える鍛金技術です。銅を使い作品づくりを楽しんでします。

『白石地蔵』 shiroishi 640 箱根湯本駅を出てすぐのガードをくぐり、線路沿いに坂道を少し上ると、左側に白石(しらいし)地蔵が祀られている。

白旗神社の弁慶と義経「藤」010今年もきれいに咲きました。他の花々と同様、例年より少し早めです。境内奥にある、紫色の棚は弁慶藤と呼ばれています。

浮世絵で春の江の島詣ukiyoe201804 01藤澤浮世絵館の新しい展示「浮世絵で春の江の島詣」が始まりました。6月10日まで展示されます。

春は艶やかに咲き競う牡丹botan2018041鶴岡八幡宮の「神苑ぼたん庭園」は、八幡宮の創建800年を記念して創設されました、源氏池に面した廻遊式の日本庭園を設えました。

江ノ電 色鉛筆画作品展DSC 0211 640 3湘南のシンボル 江ノ電の色鉛筆画で「江ノ電の四季」と題された作品展が鵠沼海岸「オーシャンプロムナード湘南」で開かれた。