enopo top moji

ブルーの衣装でビーチクリーン - 藤沢市片瀬東海岸

2022年7月20日  (M.Yama)
「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」と、海や街のクリーン活動を続けているNPO法人海さくらは、海の恩恵に感謝する「海の日」7月18日(月祝)に、青いアイテムを身につけてごみ拾いをする「ブルーサンタごみ拾い」を行った。青いサンタクロース(ブルーサンタ)の衣装を着用した方々を中心に参加者約2,000人が藤沢市片瀬東浜海水浴場にてビーチクリーンを行い、子供たちにきれいな海をプレゼントした。
また当日は、昨年の「東京 2020 大会」の Field Cast(大会ボランティア)、City Cast(都市ボランティア)の方々もで昨年大会で着用した青い色のボランティアユニフォームを着用して参加した。
会場には鈴木藤沢市長 やふじさわ観光親善大使“つるの剛士”さんも 参加しビーチクリーンを行った。
0P1053067青いサンタクロースの衣装、昨年の「東京 2020 大会」のボランティアユニフォームなどの
ブルーの衣装でビーチクリーンに参加の方々 約2000人
 
●開会式
0P1052808

開会式には鈴木藤沢市長(中央) 、ふじさわ観光親善大使“つるの剛士”さん(左手)等が登壇し、鈴木藤沢市長は「昨年江の島で行われた東京2020大会セーリング競技では海外の方からも江の島の海は綺麗との評価を頂いているので 今後も皆さんと共にきれいにしてゆきましょう。」と挨拶。
 
●ビーチクリーンの様子
0P1052991

ブルーの衣装を着用した方々がビーチクリーン。海岸が一時 ブルーに一色に。

手には再生プラスチック等で作られたトングと可燃物、不燃物用に色分けされたゴミ袋を持ち 一斉にゴミ拾い。 
 
0P1053084明るい笑顔でビーチクリーン参加の
ふじさわ観光親善大使“つるの剛士”さん
0P1053084ブルーの衣装を着用してビーチクリーン
 
●「東京 2020 大会」ボランティアのユニフォームで参加の方々
0P1052838日本財団ボランティアセンターの取り組みで、昨年の「東京 2020 大会」の Field Cast(大会ボランティア)、
City Cast(都市ボランティア)の方々も青い色のボランティアユニフォームを着用して参加

記事編集に際しては諸権利等に留意して掲載しております。   markenopo 2022年7月20日