印刷

善行雑学大学『湘南の関東大震災』~台風通過後に起きた大地震

イベント

善行雑学大学『湘南の関東大震災』~台風通過後に起きた大地震
いつ:
2019年12月15日
カテゴリ:
講演会/セミナー

説明

概要 善行雑学大学第247回講座のテーマは『湘南の関東大震災』~台風通過後に起きた大地震です。

日時 ◆開催日時:2019年12月15日(日) 14:00~16:00
◆開催場所:六会公民館3階ホール

内容 ◆テーマ:『湘南の関東大震災』~台風通過後に起きた大地震
◆講 師:蟹江 康光 氏(ジオ神奈川代表・理学博士)
【講座の概要】
関東大震災は、1923(大正12)年9月1日11時58分に起きた相模湾を震源域とする大正関東地震
の震災をいう。台風の翌日、正午2分前に起きた大地震は死者10.5万人、全壊焼失流失家屋は
29.3万戸以上であった。昭和・平成に関東型地震は起きていないので、大正関東地震を解明する
ことは減災につながる。
東京・横浜の火災は台風通過後の強風で延焼し、前日の豪雨は土砂災害を誘発した。
湘南地域の震災は、津波、家屋倒壊、土砂災害・地盤液状化である。
津波も襲来したが、相模トラフ以東の小田原~腰越海岸の海岸は隆起し津波被害は少なかった。
相模川(馬入川)や柏尾川下流流域は地盤液状化、火山灰の地盤は土砂災害が多発した。
大磯で列車転覆、馬入川鉄道橋と酒匂川橋梁の崩落は復興を遅らせた。根府川・白糸川上流の
大規模岩山崩落による土石流は白糸川を5分で流下し、根府川集落、根府川停車場に差し掛かった
下り列車と駅設備は海中に没した。地震発生が9月1日の土曜日であったため、始業式で校舎から
下校した学童の命を救った。

料金 会員以外の一般の方は資料代他として500円が必要となります。

主催者等 主催:善行雑学大学
後援:藤沢市教育委員会

問合わせ 善行雑学大学代表 宮田英夫 電話:0466-82-0517

URL https://zengyo-zatsugaku.jimdofree.com/

備考 次回 第248回講座のご案内
◆日 時:2020年1月19日(日) 14:00~16:00
◆会 場:善行公民館ホール
◆テーマ:太平洋を越えた日米女性の誓い-大山捨松、津田梅子、アリス・ベーコン-
◆講 師:久野 明子 氏(一般社団法人 日米協会副会長)

善行雑学大学会員募集中! いつでも会員になれます。(年齢、性別、住居地不問)

    内容は変更される可能性がありますので詳細は主催者にお問合せください。