江の島
 

enopo top moji

江の島

 続・湘南のお地蔵さま-7 『あごなし地蔵』 

2017年7月8日(記事:江ノ電沿線新聞7月号)

 170708 agonasiバスで茅ヶ崎駅北口を出て鶴嶺小学校前で降りる。少し戻って鶴嶺八幡宮の参道を進むと、社殿前の樹齢約九五〇年といわれる大銀杏の幹の太さに驚く。
 社殿東側には鶴嶺八幡宮との関係も深かった名刹曹洞宗龍前院の参道があり、その本堂手前左側に二体のお地蔵さまが祀られ、向かって左側が今回紹介するあごなし地蔵である。
 私も初めて耳にする名前だが、調べるうちに、平安時代の学者で歌人(小倉百人一首にも歌あり)の小野篁(おののたかむら)に由来することがわかった。
 小野篁は、遣唐副使に任ぜられたが、同行する大使と対立したことが原因で隠岐島に流された。そこで阿古那という娘と恋に落ちたが、その母が歯痛で苦しんでいるのを知り、自ら地蔵を彫って念じたところ歯痛は治ったという。その像は阿古那地蔵と呼ばれたが、いつしか「阿古那」が「あごなし」となり、歯痛など口に関する病を治す地蔵として、その信仰が全国的に広まったようである。
 龍前院のあごなし地蔵は右手に錫杖左手に宝珠を持ち、天保十四(一八四三)年に建立され、今も信仰されているという。
 その光背に刻まれる「口中一切除病」の文字に、最近冷たいものが歯にしみる私としては、心込めつつ「南無地蔵」と手を合わせたことは言うまでもない。

                                                tigasaki

  ※江ノ電沿線新聞2017年7月号掲載コラムをえのぽに転載しました。
  江ノ電沿線新聞社のホームページ⇒ こちらから


 

お店・会社情報↓click!
 
湘南台司法書士事務所
相続、不動産の名義変更の
スペシャリスト
[司法書士]
湘南ふじさわシニアネット
会員募集中
シニアの居場所です。
やり甲斐を求めて
IT(仕事、活用する、楽しむ)
趣味、スポーツ、地域貢献
[NPO法人]
忠兵衛
相模湾で採れた魚を
江ノ島漁港の漁師さんから
直接仕入れています。
[しらす・伊勢海老] ]
湘南中央病院
shonan hospital
地域の人々と共に歩み、
健康を守り良質な医療介護を
提供します。
[病院]
髙尾行政書士事務所
不動産関連許認可 取りまとめ
会社法人設立・相続対策
建設業・産廃業許可申請等
[行政書士]
相和設備工業株式会社
暮らしに響く、
水のハーモニー。
給排水衛生設備
設計 施工
[給排水衛生設備 設計施工]