特集サブ
 

enopo top moji

GEO1
↓各バナークリックでシート移動します。
GEO1
各バナークリックでシート移動します。
茅ヶ崎市周辺;
茅ヶ崎市は概ね北部と沿岸部に分かれ、北部は「高座丘陵」と「相模野台地」と隣接した台地となっています。「高座丘陵」は13万年前の「下末吉海進期の河口部」に相模川が「砂礫」を堆積させたもので、「相模野台地」は8~6万年前の相模川の河床です。いずれもその上に「関東ローム層」が重なっています。2万年前以降、相模川がこれらの台地や丘陵を削って「相模平野」が作られた。 沿岸部は茅ヶ崎市の3分の2は元は海であったと考えられておりその痕跡として「砂州・砂丘列」が何列も形成されている。その後、小出川は「砂州砂丘地帯」を侵食して「沖積低地」を作りました。

高座丘陵を小出川が侵食の谷頭部: 県立茅ヶ崎里山公園
hiratsuka 1


高座丘陵を小出川支流が侵食しその谷頭部(谷の最上流部)に位置する個所の跡には現在県立茅ヶ崎里山公園がある。 その周辺は雨水が集まり易く貯めた用水を利用し「谷戸田」(やとだ;雨水を集め小規模な開墾を行う農業耕作田)が作られているのが見られる。

相模川左岸幹線用水と千ノ川の合流点:

01 nashi1


茅ヶ崎市高田 相模原市磯部で取水された左岸幹線用水は、下流域の水田を潤したのち、最後に茅ヶ崎で千ノ川に流される。

「砂丘」が見られる 茅ヶ崎公園周辺

hiratsuka 1


沿岸部の海岸線までの約 4 km の間に、縄文期以降に形成された「砂丘」が数列続いている。茅ヶ崎は昔、海だったと言われています。それは「砂丘」という地形が表しています。茅ヶ崎の面積の約3分の2が「砂丘」と推定されています。市内、下寺尾・香川・甘沼・赤羽根などに崖があり、その崖の南側は砂が見られます。茅ヶ崎公園の野球場の周辺の起伏は緑の芝生で覆われているもの「砂丘」が見られます。

茅ヶ崎ヘッドランドビーチ:

hiratsuka 1


相模川からの砂の供給が減少し、且つ波により沖合へ砂が運ばれて「海岸浸食」が進んでしまう。茅ヶ崎海岸では「T字型の人口岬」を建設して、砂の流出を防いでいます。

烏帽子岩

hiratsuka 1
烏帽子岩を含む姥島群島の光景:
烏帽子岩(烏帽子本島)は姥島群島の一部。 烏帽子本島の平坦な箇所は1923 年の「大正関東地震」で隆起した「波食台」。地層は縞模様をなし、東西に延び、北に傾斜する。烏帽子本島は「マグマ水蒸気爆発」によって形成されたと考えられ、核となる岩片には「火山灰」が混じっている事が確認されている。烏帽子岩(烏帽子本島)のつけ根には「逆断層」(断層面が傾いている場合、上盤側がずり下がる場合を「正断層」、のし上がる場合を「逆断層」)が密集し、他の部分に比べて固結度が高くなっているため, 烏帽子岩として残ったと考えられる。
return

当記事は平塚市博物館の展示・資料を参考にしています。