「子どもたちが政治を身近に感じるとともに、その声がより政治にも届きやすくなるきっかけにもなれば」と、10月30日の茅ヶ崎市長選挙と同時に、小学生から17歳までの子どもたちを「有権者」として行われた「こども選挙」の結果がこのほど公開された。(11/18)⇒ 詳細(タウンニュース)