バス乗降車時に運賃の精算を行う運賃収受機。その国内シェア約40%を占める小田原機器が製作した「RX―FCM型 運賃収受機」がこのほど、グッドデザイン賞に選ばれた。バスの小型化や運賃の支払い方法の多様化が進む中で、デザインで変化に対応した点が評価された。(11/14)⇒ 詳細(タウンニュース)