旧東海道藤沢宿の蔵や街並みにインスタレーションを用いて展示する「藤沢今昔・まちなかアートめぐり」が12日から始まった。13回目となる今回は、初参加を含めて国内の8人の作家が出品。実行委員代表の伊東直昭さんは「会場となっている歴史文化遺産と、現代アートとの共演を楽しんでもらえたら」と呼び掛けている。(11/29)
詳細(タウンニュース藤沢版)