神奈川県は二十九日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、感染状況を示す四段階のレベル分類について、病床使用率に応じた国の基準は参考にとどめ、他疾患も含む重症患者の救急搬送や入院受け入れの困難さに基づいて定めるとの方針を決定した。新型コロナを特別扱いしない「平時」への移行を強く打ち出した。(11/30)
詳細(東京新聞 TOKYO Web)