茅ヶ崎市と寒川町の消防本部を統合し、人員や車両等の効率的な運用を目指す「消防広域化」がスタートして約8カ月が経過した。行政の垣根がなくなり、現場に近い署からより早く火災や救急現場に駆けつけたり、寒川町内には配備されてなかった35mはしご車が出動できるようになったなどの効果も現れている。(12/19)⇒ 詳細(タウンニュース)