国の重要無形民俗文化財「大磯の左義長(さぎちょう)」の火入れが十四日午後六時半ごろ、神奈川県大磯町の大磯北浜海岸で三年ぶりに開かれる。四百年前に始まったとされる伝統行事。コロナ禍のため二年連続で中止だったが、「行動制限も緩和され、次世代へ引き継ごう」と役員らの全員一致で開催を決めた。(1/14)
⇒詳細:東京新聞WEB