陶磁器作りの魅力を後世へ。この道22年、拠点の「赤羽根陶芸倶楽部」(茅ヶ崎市)を主宰し、電動ろくろ体験の場を開き、自身も窯焼きで陶磁器製造を続けてきた。「地域の人、子どもたちに面白さや達成感を体験してほしい」。自身以外の12人の藤沢マイスターとのコラボにも意欲を見せ「ワイン製造や菓子、茶師など他業種の方と新たな『藤沢産』を生み出し発信したい」(1/14)
⇒詳細:タウンニュース