今月始まったNHK大河ドラマ「どうする家康」を足がかりに、徳川家康がタカ狩りをした神奈川県平塚市をアピールしようと、市観光協会は「家康弁当」を売り出す。市内八店が創作し、二月十九日に「競作 家康弁当大試食会」を開く。全国的には後発だが、担当者は「当時の食文化を専門家に時代考証してもらった弁当」と自信を見せ、ご当地家康弁当のPR合戦に名乗りを上げた。⇨詳細:東京新聞TOKYOweb