藤沢市は、株式会社都実業と協定を結び、同社が資源循環の促進に向けた取り組みの一環として、剪定枝をバイオマス発電の燃料とすることにより発生した「草木灰」の提供を受けて、土壌改良材として市民に無料配布すると発表した。2月1日(水)からリサイクルプラザ藤沢にて5kg入り袋を配布する。(1/24)⇒ 詳細(藤沢市ホームページ)